人を知る

  1. TOP
  2. 人を知る
  3. 小松 莉彩
小松莉彩
自動車鋼管本部 本部統括部
ICT推進チーム

小松莉彩

2019年入社勤務地 : 本社(東京・丸の内)

入社を決めたきっかけ

大学時代は、異文化コミュニケーションを学び、社会問題、宗教、法律といった幅広い分野に深く興味を持ちました。この学びを通じて磨いたコミュニケーション力を活かし、多くの人と接する仕事に就きたいと考えていました。その中でも人々をサポートする役割に魅力を感じ、最終的には商社の営業事務職を目指すことにしました。

当社を選んだ理由は、採用過程で感じた社内環境の良さと、社員の温かい人柄です。面接や会社訪問を通じて、自分がこのチームの一員として働いている姿をしっかりイメージできました。さらに、住商鋼管とメタルワン鋼管の合併という、会社としての大きな変革の時期に入社することは、私自身の成長のチャンスだと感じました。社員数を含め会社の規模が拡大していることや、仕事の幅の拡がりに魅力を感じ、入社を決意しました。

私は当初、事務職は営業職のサポート業務に従事するイメージを持っていました。事務職は単調な作業を淡々とこなすものだと思っていたのです。ところが実際には想像と全く違っていました。いざ仕事をしてみると、自ら考え、予測し、行動する機会が多くて、お客様との調整や手配など、思っていた以上に多岐にわたる仕事を任されることに驚きました。確かに大変な瞬間もありますが、多くの人と関わることができる業務は、私にとってやりがいを感じる仕事となりました。

入社後に感じたまた別の驚きは、社員同士の距離の近さです。元々は、同じ部署であっても、本部長や部長は遠い存在なのだろうと思っていましたが、実際は皆さんとても気さくで、仕事の相談もしやすい環境であることに気づきました。温かくオープンな職場環境に恵まれていることを、日々実感しています。

住商メタルワン鋼管での私の仕事

現在、私はICT推進チームの一員として活動しています。
私が担当しているのは業務のデジタル化・効率化の推進です。当社では、「assetforce」というツールを使用して鋼管の在庫管理、入出庫管理、加工指示などを行っていますが、このツールを更に効果的に活用するために、提供元の企業と連携して新たな使い方を模索しています。
また、これまで人手で行われていた資料転記などの作業を、マクロやRPAで自動化していくことで、各拠点の業務効率化をサポートしています。

私たちの目標は、単なるツールの活用にとどまらず、業務自体のDX(デジタルトランスフォーメーション)を進めていくことです。その目標に向けて、一つ一つの仕組みづくりに試行錯誤しながら、日々奮闘しています。

仕事では常に新しいことにチャレンジするように心掛けています。これは、私の所属する自動車鋼管本部の方針「完璧主義よりも実行主義」から学んだものです。仕事では自分で仕組みを構築し、それを他の部署にも展開する必要があるため、失敗を恐れずに前に進めていくことが求められます。完璧を目指すのではなくてまずは実行すること。それが今の私のモットーです。

以前は営業事務を担当していましたが、その経験も今の業務に活かされています。特に記憶に残っているのは、納期のトラブルを解決するためにお客様、仕入先、加工先、さらには運送会社との調整に奔走した経験です。この時の経験から、多くの関係者とコミュニケーションを図ることの難しさと大切さを学びました。新たに学ぶべきことも多く苦労する時もありますが、社内外問わず様々な方々から「小松さんと一緒に仕事ができて楽しかったよ!ありがとう」というような嬉しい言葉をいただけた時は、頑張って本当に良かったと感じます。これからも営業事務での経験を活かして、DX化を進めていきたいです。

入社を検討している方へのメッセージ

当社には、新しい挑戦を積極的に支援する環境があります。どの部署に所属していても、柔軟に意見を受け入れ、実現を目指してくれる会社です。また、休暇が取りやすいことも、私が感じる働きやすさの一つです。休日は買い物に行ったり、友人と過ごしたりして、プライベートな時間も大切にできています。

就職活動は確かに大変ですが、様々な業界を見て自分自身と向き合える貴重な機会でもあります。「どんな仕事をしたいのか」「どんな人たちと一緒に働きたいのか」「給与や福利厚生など、会社に求める条件は何なのか」など、自分が何を最も重視するのかを明確にすることが大切です。自分は何を一番大事にしたいのか。ぜひそれを考えてみてください。

募集要項 ENTRY