人を知る

  1. TOP
  2. 人を知る
  3. 白柳 彩花
白柳彩花
鋼管営業本部 大阪鋼管営業部
大阪鋼管営業第一チーム

白柳彩花

2022年入社勤務地 : 大阪支社(大阪・淀屋橋)

入社を決めたきっかけ

大学では商学部に在籍し統計や調査によってさまざまな社会現象を深く理解する、社会調査論に取り組んでいました。同時にコーヒーチェーン店でのアルバイトで特に力を入れていたのが、閉店作業の効率化でした。閉店業務を担当するスタッフに負担がかかっていたことを踏まえて、スタッフへのアンケート調査を実施。その結果、業務の偏りとスタッフ間の認識のずれを発見し、業務の流れを見直して、全スタッフが同時に作業を終えられるよう改善しました。こうした経験は、データに基づいた分析とチームワークの重要性を教えてくれました。

このような背景から、人との繋がりを大切にし、自社だけでなく様々な企業にも貢献できる商社業界の営業職に強く惹かれるようになりました。特に、人々の生活を支える商材に関わりたいと考え、鋼管を扱う当社に注目しました。食品会社や医薬品会社からも内定をいただきましたが、自動車、プラント、建築など幅広い業界に影響を与える、鋼管のスケールの大きなビジネスに魅力を感じ、当社への入社を決意しました。

当初、鋼管という商材のイメージから、いわゆる男性社会的な職場環境かと想像していましたが、実際には全く異なりました。性別に関わらず、質問や相談に快く応じてくれる上司や先輩が多く、学ぶ機会が豊富な職場だと思います。また訪問先や取引先でも、工場見学をはじめ商材について教わることも多く、恵まれた環境だと感じています。

住商メタルワン鋼管での私の仕事

私が所属する部署では、名古屋から広島までのエリアにおける鋼管の販売を担当しています。製品の対象ユーザーごとにチームが分かれており、大阪鋼管営業第一チームは主に建設機械や産業機械向けの製品を取り扱っています。

チーム内での私の役割は、主に2つ。

1つは、メーカーから材料を仕入れ当社で確保しておき、お客様の要望に応じて販売を行う「店売」という仕事です。日々届く見積もり依頼に対応し、注文を頂いた後はその内容を各所に伝達して、配送までの手配を行います。もう1つはお客様との関係構築。大阪にある建設機械・プラント関係の得意先を定期的に訪問し、業況のヒアリングや情報交換などにより良好な関係の構築・維持を行っています。

業務をスムーズに進めるために、仕事内容を書き出す、優先順位をつけて進める、分からないことがあれば納得するまで質問を繰り返すなど、何事も理解をしてから行動するよう心掛けています。ひとつひとつの仕事に多くの人々が関わりますので、対応すべきことも多く苦戦することもありますが、きちんと期日内に納入できた時はやりがいを感じます。

一方で自分自身の確認不足から、納品ミスをした経験もあります。すぐにお客様に謝罪し、加工会社や配送会社の方々の協力を得て納期を守ることができました。この時は自分だけが状況を把握している状態だったため、周囲も私のミスに気づくことができなかったことから、情報を共有することと、細部にわたるチェックの必要性を痛感しました。

上司から教わったことは、どれも心に残っています。個々の見積もりや注文だけを見るのではなく、最終的な売上までを見通すこと、日々の注文を通じて取引先ごとの売上を把握すること、相手が何を求めているのか想像することなど。これらは鋼管の営業パーソンとして必要不可欠なスキルだと感じます。私はまだまだ、学びの段階ですね。

さまざまな年代や立場の方々との積極的なコミュニケーションを通じて、多様な考え方を学び、自分自身の価値観を深めていくよう心掛けています。また、メールや電話で済ませるのではなく直接訪問し、潜在的ニーズを引き出しながら戦略を練ることで、自身の成長にも繋げていきたいと思います。

実は大阪鋼管営業部では、私が女性総合職の第一号なんです!より大きな案件に携われる人材を目指し、鋼管の価値を積極的に提供していきたいと考えています。あわせて、今後大阪鋼管営業部に入る女性総合職のロールモデルになれたら、と思います。

入社を検討している方へのメッセージ

「鋼管」に対して堅苦しいイメージを持つ方も多いかも知れません。でも実は鋼管は身の回りにあって、私たちが快適な日常生活を送るには欠かせない重要な存在です。私も入社当初は、鋼管に関する知識がほとんどありませんでした。しかし、取引先への訪問や上司の詳しい説明、実際に使われている鋼管を目の当たりにすることで、その使われ方や価値に気づき始めました。「形に残る仕事がしたい」「何か大きなことに取り組みたい」「新しい挑戦をしてみたい」といった気持ちで始めるのも、全然問題ありません。少しでも「これは楽しいかも!」と感じたら、先入観を捨てて積極的にチャレンジしてみてください。きっと新しい発見があるはずです。

募集要項 ENTRY